ムナクリ通信

宗像靖彦クリニックでは、健康生活に必要なあらゆる情報発信をしております。
もっと詳しくお聞きしたい事や、他に知りたい内容などございましたら、スタッフにお伝えください。

「伝染性紅斑(りんごほっぺ病)」の流行について2018.10.28

今月、これまでになくヒトパルボウイルスB19感染が流行しているようです。元来、小児期にこのウイルスに罹患し「りんごほっぺ病」と診断されることが多いのですが、成人感染も発生しています。成人感染の多くは、お子さんからの感染のようです。このウイルスの成人感染の特徴は、「発熱」と「関節痛」です。お子さんのようにほっぺたが赤くなることは少なく、全身に細かな湿疹ができて、本人も湿疹に気づかないことが多いようです。患者さんの多くは、「リウマチ」や「膠原病」を心配して来院されます。血液の検査でも、血液細胞が減少したり、抗核抗体やリウマトイド因子が陽性になったり、血清補体価が低下したり、あたかもリウマチや膠原病のような所見が認められます。今月、これまでに感染が確認された患者さんは5名で、先月の1名をはるかに上回ってきています。5人の患者さんはすべて女性で、平均年齢は38歳。子育て世代の方々です。

ヒトパルボウイルスB19感染は胎児の貧血を引き起こし、流産になってしまうことが知られていますので、感染者の妊婦さんへの接触は避けなければなりません。

ヒトパルボウイルスB19感染の特徴として、「持続感染」という感染様式があります。ウイルスが身体から除去されず、残存してしまう現象です。ウイルスを駆除するためのミサイルタンパク(抗体)が誘導されない方がいるためです。この原因はわかっていません。

ヒトパルボウイルスB19持続感染の結果、「関節リウマチ」に進展してしまう方もいらっしゃいます。ウイルス感染に伴った関節痛などの症状が半年以上持続する場合は要注意です。

墨家十論について2018.06.29

中国の戦国時代(紀元前403~紀元前221)に人類愛を説く思想集団として興った「墨家」思想の中核部分が墨家十論です。現代社会に通用する思想です。医療法人総志会の目指す社会像がこの「墨家十論」に集約されています。

①「兼愛」:すべての人を公平に隔たり無く愛すること。
②「非攻」:侵略目的の争いを否定する。
③「尚賢」:貴賤を問わず、能力のある人物を登用すること。
④「尚同」:正しい目的・考え方にすべての人々・社会が従うことで、価値基準を一つにして社会秩序守られ、社会が繁栄する。
⑤「節用」:無駄な出費を抑え、節約すること。
⑥「節葬」:葬礼を簡素にし、葬祭・祭礼にかかる浪費を防ぐこと。
⑦「非命」:宿命論を否定する。人は努力して働くことで、自分や社会の運命を変えることができる。
⑧「非楽」:人々を悦楽にふけらせ、労働から遠ざけるような過剰な娯楽を否定する。
⑨「天志」:天の意思は人々が正しいことを当たり前におこなうことであり、憎しみ合いや争いはやめなければならない。
⑩「明鬼」:人々の善悪の行いを監視して賞罰を与える鬼神が存在し、争いなどの悪い行いは罰せられる。

なぜ愛子なのか?2018.06.28

当院は本年10月にJR仙山線愛子駅前に移転しますが、移転先を愛子に選定した理由の一つが「仙山生活圏」です。人口減少による国力の低下について、自治体の枠を超え、生活圏を重視した生活環境の整備が必要です。愛子は仙台市中心部からJRまたはR48で約20分西の位置にあります。ということは、山形に20分近づくわけです。山形からの患者さん受け入れ、山形からの雇用応募を受けるための拠点としては、愛子が最適でした。モークシャタウン計画に託された目的の一つとして、仙山生活圏の生活環境整備があるのです。

山形県おもてなし課長の「きてけろくん」
山形県おもてなし課長の「きてけろくん」

現在ステロイド剤を服用中ですが、翌日の朝の歩行や体全体がきつくなります。2018.06.05

Q:リウマチ歴2年です。現在、ステロイド剤のプレドニンを朝2.5mgだけ服用中ですが、翌日の朝は歩行や体全体がきつくなります。薬を多くしたいくないので、このままどうなのでしょうか。

A:ステロイドホルモンは非常に優秀なお薬です。人間の体内でも生理的に分泌されている成分です。リウマチの患者さんでも、肺などの内臓病変を伴っている方には必須のお薬となります。ステロイドホルモンには多くの種類があります。服用してから体の中に残留できる時間もまちまちです。そこで、早朝の症状を抑えたい場合はプレドニンなら夜に服用するといった工夫もあり得ます。また、はじめから体内残留時間の長いお薬(リンデロンなど)を利用する方法もあります。担当の先生とよく話し合ってみてください。

リウマチと免疫UPの矛盾について2018.06.05

Q:リウマチ歴8か月です。リウマチは免疫が自分の関節を攻撃する病気だと思っていますが、病気にならないために免疫アップと言われた時の矛盾を感じます。

A:その通りですね。具体的にどのように免疫をアップするかという具体的なメッセージがないから矛盾になってしまいます。リウマチの患者さんは、元々持っている免疫がリウマチモードの異常免疫ですから、そのまま活性化されると、より異常になってしまいます。異常ではない部分だけ活性化すれば良いのでしょうが、その具体的な手立てはありません。健康食品や健康器具の販売などで「免疫アップ」という言葉を耳にしますが、厳密にいうと薬事法に抵触する表現ですので気を付けて下さい。

 次の5件 >>

ムナクリ通信
最近のムナクリ通信
バックナンバー
診療内容
VIMOKSA 健康余命120歳プロジェクト

Facebook