ムナクリ通信

宗像靖彦クリニックでは、健康生活に必要なあらゆる情報発信をしております。
もっと詳しくお聞きしたい事や、他に知りたい内容などございましたら、スタッフにお伝えください。

新型コロナウイルスCOVID-19のワクチン接種を推奨します2021.04.21

新型コロナウイルスCOVID-19のワクチン接種を推奨します

昨日、当院では新型コロナウイルスCOVID-19ワクチン接種のシュミレーションを行いました。
いよいよ一般市民向けのワクチン接種が開始されます。
当院では、以下の理由により、可能な限り多くの市民が接種するよう推奨します。
①今回接種されるRNAワクチンでは、有効率95%と非常に高い有効率が示されていること。
インフルエンザワクチンの有効率はおおよそ20~30%とされています。
②変異型ウイルスが検出され始めていることから、早いうちに集団免疫を獲得する必要があること。
集団免疫の獲得が遅れれば遅れるほど変異型ウイルスの出現確率が高まります。
③ワクチン接種後副作用の多くが医療機関で対応可能であること。

ウイルスも人類と同様に、地球上に生息する生物です。
地球環境も新型ウイルスと人類とが共存するための均衡状態に入ってゆくことになります。
新型コロナウイルスCOVID-19はエボラ出血熱ウイルスのような絶対的致死性ウイルスではありません。
感染しないことを前提にした対策より、共生を前提とした、ワクチンによる集団免疫獲得は自然の摂理にかなった人類の知恵と思われます。

多くの市民がワクチン接種に協力することによって、このパンデミックが終息してゆくことでしょう。

仙台市の市民向け接種については、現在、接種医療機関(かかりつけ医)での接種訓練がスタートしました。
接種準備が完了した後に、皆さんへの接種が開始される時期について、仙台市より案内があります。もうしばらくお待ちください。

仙台市から接種開始許可が発令され次第、当院ではかかりつけ患者さんへの接種を速やかに開始します。
集団接種にも協力してゆく方針です。
ワクチン接種は、いかに早く多くの市民に接種できるかといったスピードが最も重要です。

新型コロナウイルスCOVID-19感染拡大と社会情勢(2020.4.13掲載記事:再掲載)2021.04.20

緊急事態宣言以降、社会がざわついています。当院を受診される患者さんの一部にも、どんな症状もコロナウイルス感染に結び付けて考えるという傾向がみられるようになってきています。熱っぽかったらコロナ、咳をしたらコロナ、だるかったらコロナ。健康意識の高まりとも言えますが、過剰な思い込みは、パニックの連鎖を引き起こします。

腎盂炎で微熱のあった患者さんが、家庭では家族から「コロナだから近寄るな」と言われ、涙ながらに診察を受けるケースもありました。コロナウイルスに感染してしまった患者さんやその家族が不当な差別を受けるなどの報道も耳にするようになりました。

今回の新型コロナウイルスCOVID-19は人類が初めて遭遇したウイルスで、だれも免疫(抗体)を持っていません。ここが、季節性インフルエンザなどいわゆる風邪との違いです。抗体を持っていない人は、だれもが感染する可能性があるのです。一方、回復した患者さんはウイルスに対する免疫を獲得しているので、普通の生活に戻ることができるのです。

現在、日本で行われている自粛要請は、国民一人一人がウイルスに感染しないようにすることではありません。感染が一気に拡大して、その中に一定の割合で含まれる重症者が急増することを防ぐ目的でなされています。公衆衛生学的視点に基づく対策なのです。

個人個人の話としては、「今日は感染しないように注意しよう」、「昨日注意できたから今日も注意しよう」、もし感染してしまったら「栄養と休養をとって早く回復(免疫を獲得)しよう」、「回復したら、いつも通りに働こう」ということになります。

そして、思いやり(Compassion)の気持ちを大切にしましょう。
If you want others to be happy, practice compassion.
If you want to be happy, practice compassion.
ダライ・ラマの言葉です。病気で苦しむ人が健康になることは、社会の利益になるのです。すべては一つなのです。今回の新型コロナウイルスCOVID-19感染では日本より衛生状態、医療供給体制の悪い国の人たちが苦しんでいます。食糧難に陥る途上国が出てきています。これらの国で起きている出来事も私たちは注視する必要があります。食料を輸入に頼る日本は世界の多くの国々に支えられているからです。パンデミックに直面してしまった人類は、協力し合わなければなりません。すべては一つなのです。一国主義が台頭しないように、個人主義に陥らないように、私たちは賢く、理性的にふるまわなければなりません。

日々増加する感染者数やクラスターの話題や医療崩壊のニュースも大事ですが、パンデミックを冷静に受け止めて考察する必要があります。ハンガリーでは、新型コロナウイルス感染拡大への対策法が実施されました。無期限の非常事態と首相への権力集中、独裁です。過去にもスペイン風邪のパンデミック後にナチスが台頭し、第二次世界大戦への突入していった歴史があります。今回の新型コロナウイルスCOVID-19感染拡大は、人々の理性を奪い、社会秩序を危うくする大きな試練です。人類は試されているのかもしれません。

新型コロナウイルスCOVID-19感染症は、過半の人々が抗体を獲得した時点で終息となります。重症化した患者さんは、成人スチル病や血球貪食症候群に似た高サイトカイン血症を呈します。体内で異常に激しい免疫反応が起こっているようです。これまでに私たち医師が遭遇し、治療経験を持つ類似病態があるのです。特効薬の開発やワクチンの開発に目途がつくまで、何とか重症状態を回避する治療を講じてゆくことは可能なのではないかと思います。

一人一人が、思いやりの心を持ち、すべては一つであることを忘れなければ、人類は進化してゆくことでしょう。

新型コロナウイルスの感染経路2021.03.29

新型コロナウイルスの主な感染経路は飛沫感染による、「人ー人」感染です。このため、三密(密接・密集・密閉)を避けるようにと注意されています。皆さんは、すでに十分に注意し、三密を避けていると思います。しかしながら、最近、宮城県では新型コロナウイルスの感染者が急増しています。当院でも数名の患者さんを診る機会がありました。すべての患者さんは、十分に注意して三密を避けていました。それでも感染してしまったわけです。
そこで、「人ー人」感染以外の感染経路を疑わざるを得ないと考えています。接触感染による、「物ー人」感染です。新型コロナウイルスは物に付着した後も24時間以上生きて続けることがわかっています。物に触ったときに、手指に付着したウイルスは、手指で顔を触ることを介して、眼・鼻・口の粘膜から体内に侵入してしまいます。
不特定多数の人が触れる商品棚の袋商品(食べ物)などは感染源となり得ます。お店で袋商品を購入したとして、多くの人は帰宅後手を洗って、商品の包装を開いて、口に入れると思います。しかし、袋にウイルスが付着していたとしたら、包装を開いた後にもう一度手を洗わなければなりません。手指はウイルスに汚染されているのです。特に、ポテトチップスなどの袋菓子は、袋を持ちながら食べることもあると思います。袋に入った食べ物は、自宅にあるきれいな容器に移した方が良いと思います。そして、袋を捨ててから、手を洗って食べるようにしてください。

当院におけるリウマチ膠原病患者さんへの新型コロナウイルスワクチン接種について2021.02.22

新型コロナウイルスワクチン「コミナティ」が日本に到着し、限定医療機関で医療従事者への接種が開始されました。

今後、私たち一般国民への接種へと進んでゆくことになります。

リウマチ膠原病患者さんに対しての接種では、①病気を悪化させることなく安全に接種できること、②新型コロナウイルス感染症の予防効果が獲得できる(抗ウイルス中和抗体の誘導)ことを念頭に置く必要があります。

①については、もともとの病気が安定していることがワクチン接種の前提条件となります。病気が不安定の場合、接種を避けた方が良いと考えられます。
②については、日本リウマチ学会とアメリカリウマチ学会とでは病気の治療薬の扱い、ワクチン接種のタイミングについて若干の見解相違があります。

アメリカリウマチ学会の提案は、できる限りワクチン効果を高めようとする配慮から、治療薬の扱い・ワクチン接種タイミングに注意点を設けています。

当院では、以下の2つの理由により、アメリカリウマチ学会の提案を取り入れて、患者さんへの接種に臨みたいと思います。

1.パンデミック終息を目的とした集団免疫獲得のためには、患者さん一人一人が確実に新型コロナウイルス感染予防効果を獲得する必要があります。
2.新型コロナウイルス感染症で多数の犠牲者を出しているアメリカの現状認識を共有することが、パンデミック対策の原則と考えられます。

リウマチ・膠原病患者さんへの新型コロナウイルスワクチン接種について2021.02.12

リウマチ・膠原病治療中の患者さんの新型コロナウイルスワクチン効果を得やすくするため、アメリカリウマチ学会から治療薬毎の新型コロナウイルスワクチン接種目安が示されました。

1. アザルフィジン・アラバ・プラケニル・セルセプト・イムラン・エンドキサン・タクロリムス・シクロスポリン・抗TNF抗体製剤・抗IL-6抗体製剤・抗IL-17抗体製剤・ベンリスタ・ステロイドホルモン:ワクチン接種はいつでも可能です。治療薬投与方法の変更も不要です。

2. メトトレキサート:病気の状態が安定していればワクチン接種はいつでも可能です。薬の投与方法の変更も不要です。病気が安定せずメトトレキサートを増やした場合などは、ワクチン接種後、一週間はメトトレキサートの服用を控えた方が良いでしょう。

3. JAK阻害薬(ゼルヤンツ・オルミエント・スマイラフ):ワクチン接種後一週間は治療薬の服用を控えた方が良いでしょう。

4. オレンシア点滴:第一回目のワクチン接種に限って、オレンシア投与後、28日目にワクチンを接種し、7日の間をおいてオレンシアを投与(オレンシアの投与間隔が35日間になります)した方が良いでしょう。第二回目のワクチン接種での制限はありません。

5. オレンシア皮下注射:第一回目のワクチン接種に限って、ワクチン接種日の前後7日間のオレンシア投与は控えた方が良いでしょう(オレンシアを一回休薬することになります)。第二回目のワクチン接種での制限はありません。

以上は、あくまでも目安です。病気の状態によって変更することがありますので、担当医師との相談が必要となります。

 次の5件 >>

ムナクリ通信
最近のムナクリ通信
バックナンバー
診療内容
VIMOKSA 健康余命120歳プロジェクト

Facebook