ムナクリ通信

院長日記のムナクリ通信一覧

宗像靖彦クリニックでは、健康生活に必要なあらゆる情報発信をしております。
もっと詳しくお聞きしたい事や、他に知りたい内容などございましたら、スタッフにお伝えください。

院長日記健康寿命120歳プロジェクト<農業編>2019.09.20

 兼好法師曰く、「人間として生まれてどうしても必要なものは、食・衣・住・薬である」(徒然草第123段)。少子高齢化による社会構造変化を余儀なくされ、我々は「どうしても必要なもの(止む事を得ずして営む所)」を真剣に考え、真摯に生きる道に復さなければなりません。「薬」にたずさわり、人とかかわる業態を営む医療法人としては、「食」に関心を寄せざるを得ません。

 我が国の食糧自給率はカロリーベースで37%、しかも年々低下してきています。他国ではアメリカ130%、ドイツ95%、フランス127%で自給自足が可能です。そしてこれらの諸国では、自給率の低下はありません。農業は国力維持・拡大に必要な戦略産業であり、しっかりとした政策がとられているのです。我が国では農業従事者の減少、高齢化などにより耕作放棄地も増加してきています。日本の行政は民間が事業モデルを作り、農業政策が提案されることを待っています。我々医療人は食糧自給問題に関心を持ち、かかわってゆくべき立場にあると確信しています。我々の手で成せることは成してゆきたいと思います。総志会は、「モークシャタウン計画」の一環として法人施設内での食料自給率100%を目指しています。

モークシャタウンホームページはこちら

院長日記モークシャタウン記念講演会開催のご報告2019.01.25

平成31年1月20日、モークシャタウン記念講演会を開催しました。
「子供たちに託す平和社会」のテーマで、戦場カメラマン渡部陽一氏にご講演いただきました。

モークシャタウンホームページはこちら

院長日記墨家十論について2018.06.29

中国の戦国時代(紀元前403~紀元前221)に人類愛を説く思想集団として興った「墨家」思想の中核部分が墨家十論です。現代社会に通用する思想です。医療法人総志会の目指す社会像がこの「墨家十論」に集約されています。

①「兼愛」:すべての人を公平に隔たり無く愛すること。
②「非攻」:侵略目的の争いを否定する。
③「尚賢」:貴賤を問わず、能力のある人物を登用すること。
④「尚同」:正しい目的・考え方にすべての人々・社会が従うことで、価値基準を一つにして社会秩序守られ、社会が繁栄する。
⑤「節用」:無駄な出費を抑え、節約すること。
⑥「節葬」:葬礼を簡素にし、葬祭・祭礼にかかる浪費を防ぐこと。
⑦「非命」:宿命論を否定する。人は努力して働くことで、自分や社会の運命を変えることができる。
⑧「非楽」:人々を悦楽にふけらせ、労働から遠ざけるような過剰な娯楽を否定する。
⑨「天志」:天の意思は人々が正しいことを当たり前におこなうことであり、憎しみ合いや争いはやめなければならない。
⑩「明鬼」:人々の善悪の行いを監視して賞罰を与える鬼神が存在し、争いなどの悪い行いは罰せられる。

院長日記なぜ愛子なのか?2018.06.28

当院は本年10月にJR仙山線愛子駅前に移転しますが、移転先を愛子に選定した理由の一つが「仙山生活圏」です。人口減少による国力の低下について、自治体の枠を超え、生活圏を重視した生活環境の整備が必要です。愛子は仙台市中心部からJRまたはR48で約20分西の位置にあります。ということは、山形に20分近づくわけです。山形からの患者さん受け入れ、山形からの雇用応募を受けるための拠点としては、愛子が最適でした。モークシャタウン計画に託された目的の一つとして、仙山生活圏の生活環境整備があるのです。

山形県おもてなし課長の「きてけろくん」
山形県おもてなし課長の「きてけろくん」

院長日記当院移転に関するQ&A2018.05.10

宗像靖彦クリニックは平成30年10月1日「JR仙山線 愛子駅」より徒歩5分の場所に移転し、医療・介護・教育の街「モークシャタウン」の併設クリニックとして診療を行うこととなりました。今回は移転に関して患者さんより寄せられた質問にQ&A形式でお答えしております。

Q:なぜ愛子に移転するのですか?

A:クリニック併設型の老人ホームを設立するからです。アエルに老人ホームをつくることはできませんからね。

Q:クリニックをアエルに残して、老人ホームと別々に運営しないのはなぜですか?

A:クリニックを併設することで、老人ホームは機能的に病院に匹敵する機能になります。このため、重症度や介護度の高い方々をケアすることができるのです。クリニックと老人ホームが一体化することに重要な意味があるのです。

Q:なぜ病院をつくらないのですか?

A:国の計画で、地域ごとに病床数が割り当てられているため、新たな病床を設けることができないからです。

Q:なぜ老人ホームが必要なのですか?

A:語りつくせない様々な理由がありますが、大きな理由は以下の三つです。
①介護のために仕事をやめなければならない方々に仕事を継続していただきたい。
介護は私たちに任せてください。
②医療度の高い方々(急性期を脱しても入院が必要な患者さんなど)を診る機関が不足しています。このため、急性期病院の入院機能が著しく低下しているのです。
③私が診てきたリウマチ・膠原病など難病の患者さんも高齢化してくると通院が出来なくなり、一貫して診てゆくことができなくなります。このため、私が直接コミットできる入院機能に匹敵する施設が必要になってきています。

Q:診療時間に変更はありますか?

A:変更はありません。来年1月には老人ホーム「モークシャ愛子」がオープンします。これに伴って、若干の変更があるかもしれません(休日内科診療当番など)。

Q:職員は足りていますか?

A:施設規模が大きいため、オープニングスタッフを大規模に募集する予定です。看護職種・介護関連職種・事務系職種など段階的に募集してゆく予定です。ホームページでは必ず告知します。当法人窓口まで直接ご連絡いただいてもかまいません。

Q:建設費用など大変ですね。

A:医療法人は利益団体ではありません。当法人のポリシーとして、社会還元と社会創造が第一です。当法人は、私たちの事業ビジョンをご理解いただき、ご賛同していただける仲間に恵まれています。行政機関・金融機関をはじめとして、多くの分野の多くの方々から力強い支援を受けておりますので、ご心配には及びません。

 次の5件

ムナクリ通信
最近のムナクリ通信
バックナンバー
診療内容
VIMOKSA 健康余命120歳プロジェクト

Facebook