ムナクリ通信

宗像靖彦クリニックでは、健康生活に必要なあらゆる情報発信をしております。
もっと詳しくお聞きしたい事や、他に知りたい内容などございましたら、スタッフにお伝えください。

墨家十論について2018.06.29

中国の戦国時代(紀元前403~紀元前221)に人類愛を説く思想集団として興った「墨家」思想の中核部分が墨家十論です。現代社会に通用する思想です。医療法人総志会の目指す社会像がこの「墨家十論」に集約されています。

①「兼愛」:すべての人を公平に隔たり無く愛すること。
②「非攻」:侵略目的の争いを否定する。
③「尚賢」:貴賤を問わず、能力のある人物を登用すること。
④「尚同」:正しい目的・考え方にすべての人々・社会が従うことで、価値基準を一つにして社会秩序守られ、社会が繁栄する。
⑤「節用」:無駄な出費を抑え、節約すること。
⑥「節葬」:葬礼を簡素にし、葬祭・祭礼にかかる浪費を防ぐこと。
⑦「非命」:宿命論を否定する。人は努力して働くことで、自分や社会の運命を変えることができる。
⑧「非楽」:人々を悦楽にふけらせ、労働から遠ざけるような過剰な娯楽を否定する。
⑨「天志」:天の意思は人々が正しいことを当たり前におこなうことであり、憎しみ合いや争いはやめなければならない。
⑩「明鬼」:人々の善悪の行いを監視して賞罰を与える鬼神が存在し、争いなどの悪い行いは罰せられる。

ムナクリ通信
最近のムナクリ通信
バックナンバー
診療内容

Facebook