お知らせ

宗像靖彦クリニック移転のお知らせ2018.04.02

平成30年10月1日当院はモークシャタウンに移転します。

平素より、宗像靖彦クリニックをご愛顧頂き、厚く御礼申し上げます。
この度、宗像靖彦クリニックは「JR仙山線 愛子駅」より徒歩5分の場所に移転し、平成30年10月より新クリニックで診療を行うこととなりました。
スタッフ一同これまで以上に精進し、患者様により一層ご満足いただけるクリニックとして、医療の質とサービスの強化に努めてまいります。
患者様におかれましては、大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

院長 宗像靖彦

 

<新クリニック(愛子)開院予定日>
平成30年10月1日(月)

診療時間については後日ご案内いたします。
※現クリニック(AER)での診療はH30年9月いっぱい行います。
愛子までの通院が困難な方にはご希望の医療機関または当院連携医療機関を紹介させて頂きますので、診察の際 医師にご相談ください。

 

住所
〒989-3125 仙台市青葉区下愛子字観音堂1-1
※ 宮城総合支所 西となり住宅型有料老人ホーム「モークシャ愛子」併設

◆お車でお越しの方
40台分の駐車場がございますので、地図ご参照の上ご来院ください。
◆電車でお越しの方
JR仙山線 愛子駅下車、駅前交差点を直進するとすぐです。
◆バスでお越しの方
愛子観光バス「宮城総合支所・愛子小学校前」下車、道路斜向かいです。

移転のお知らせ(PDF)はこちら

 

 

<<モークシャタウン建設着工/JR仙山線愛子駅前>>

①平成30年3月26日 秋保神社神主様によりモークシャタウン地鎮祭を行いました。
②平成30年10月1日 宗像靖彦クリニックがモークシャタウンに移転開業予定です。
③平成31年1月4日 有料老人ホーム「モークシャ愛子」がモークシャタウンに開業予定です。

 

 

<<モークシャタウンとは>>

モークシャタウン計画について

 「モークシャ」(VIMOKSA:毘目叉)はサンスクリット語で「解脱」を意味します。「モークシャタウン」は医療・介護・教育を提供し、様々な世代の人々が、元気に生き生きと笑顔で交流する「解脱の街」です。私たちは単に老人ホームを建設し、経営することを目的にはしていません。老人ホームのある「街」をつくろうとしています。様々な世代の人々が、生命を大切にし、それぞれの役割を果たしながら社会参加してゆくような街を目指しています。この街では「生命」を最大価値として中心に据えています。当法人の経営理念「兼愛」は墨子の「墨家十論」に基づいていますが、「モークシャタウン」の設立理念はまさに「墨家十論」の実践なのです。

①既存の価値観からの解脱 人は生活を律すること(たゆまぬ自助努力)で健康で長生きできます。 ②欲望からの解脱 与えられた生命に感謝し、自然に感謝し、人生を精一杯生き抜きます。 ③己からの解脱 人は人とつながります。利己主義は成立しません。 モークシャタウンではクリニックと老人ホームが一体となった施設が中核です。

「モークシャタウン計画」はこれからの日本の国家基盤となる地域モデルを提案する事業なのです。