診療案内

新薬治療の臨床試験

治験に参加される方はまだ市場に出ていない新薬を試すことができます。

宗像靖彦クリニックでは、開発最終段階となった新しい薬によって、患者さんの症状がより早く良くなると判断した場合、治験への参加をご案内することがあります。参加にあたっては事前にしっかりメリット・デメリットをお伝えし、患者さんがご希望になった場合に同意を頂き参加して頂きます。

治験に参加される方はまだ市場に出ていない新薬を試すことができます。

臨床試験・治験とは?

化学合成や、植物、土壌中の菌、海洋生物などから発見された物質の中から、試験管の中での実験や動物実験により、病気に効果があり、人に使用しても安全と予測されるものが「くすりの候補」として選ばれます。
この「くすりの候補」の開発の最終段階では、健康な人や患者さんの協力によって、人での効果と安全性を調べることが必要です。こうして得られた成績を国が審査して、病気の治療に必要で、かつ安全に使っていけると承認されたものが「くすり」となります。

人における試験を一般に「臨床試験」といいますが、「くすりの候補」を用いて国の承認を得るための成績を集める臨床試験は、特に「治験」と呼ばれています。

※厚生労働省ホームページより引用

治験を受けるまでの流れ

  • 診察

    治験の対象となる患者様へ、治験内容および治療方針の説明を行います。
  • 同意取得

    同意説明文書を用いて治験の説明をし、参加の承諾を頂きます。
    ※患者さんご本人の自由な意思で参加への同意を頂きます。
  • 事前健康診断

    治験参加の適格性を確認するため、事前検査を行います。
  • 結果連絡

    事前検査結果を元に、参加可否の連絡を致します。
  • 治験参加

    治験実施スケジュールに沿って来院頂き、治験開始となります。
治験実施体制
  • 医師 宗像靖彦
  • 治験コーディネーター:1名常駐
受託可能試験
関節リウマチ、変形性関節症、骨粗鬆症、線維筋痛症、膠原病(全身性エリテマトーデス等)、内科疾患(高血圧、高脂血症他)
治験実績
実施中 関節リウマチ・・4試験 いずれも実施(満了)率100%
実施完了 関節リウマチ・・8試験
線維筋痛症…2試験
オピオイド誘発性便秘…1試験
いずれも実施(満了)率100%
治験に関するお問合せ

担当 : 治験管理室 マネージャー 鈴木 詩織
連絡先 :

クリニック内におりますので、ご不明点等ありましたら鈴木までご連絡ください。

セカンドオピニオンサービス(病気相談・健康相談)について

リウマチ関連疾患に関するセカンドオピニオンを必要とされる患者様はプライベート健康管理サービスにてご相談を受け付けております。

プライベート健康管理サービス「ザ・ブレスメディック」