ムナクリ通信

宗像靖彦クリニックでは、健康生活に必要なあらゆる情報発信をしております。
もっと詳しくお聞きしたい事や、他に知りたい内容などございましたら、スタッフにお伝えください。

マイヤーズカクテルについて2014.04.01

マイヤーズカクテルについて

 当院では、代替医療として「マイヤーズカクテル療法」を行っておりますが、「マイヤーズカクテルって何?」という質問をよくうかがいます。

 米国の医師ジョン・マイヤーズは自分のもとに訪れる体調の悪い患者さんにビタミン・ミネラルを大量に含む「マイヤーズカクテル」の注射を行っていました。患者さんの状態に対しての満足度が向上し、その治療法が評判となりました。残念ながら、マイヤーズ先生のカクテル「レシピ」は先生の死後、不明となってしまいましたが、アラン・ガービー医師の調査研究によって「マイヤーズカクテル」が復活しました。現在、私たちが患者様に提供している「マイヤーズカクテル」はガービー先生のレシピに基づき、それぞれの施設で調整したものです。

 マイヤーズカクテルにはビタミンB群・ビタミンC・マグネシウム・カルシウムが含まれています。ガービー先生はおおよそ15,000人の患者さんにマイヤーズカクテルを投与したとされております。患者さんの病態は、喘息、偏頭痛、全身疲労、線維筋痛症などの慢性疼痛、筋肉疲労や痙攣、風邪、花粉症、抑うつ状態などの精神不安定などだったようです。

 マイヤーズカクテルの副作用の多くは、マグネシウムによる熱感、血圧低下です。しかし、これらの副作用は投与スピードの速い注射で生じます。当院では点滴でゆっくり投与しますので、副作用はほとんどありません。

 マイヤーズカクテル療法の効果に関する評価はまだ定まっていないというのが現状です。線維筋痛症に対しての有効性では、有効とする報告もあれば有効性が示されなかったという報告もあります。少なくとも一部の患者さんに対しては好ましい効果が得られる可能性があると解釈することができるようです。

ムナクリ通信
最近のムナクリ通信
バックナンバー
診療内容

Facebook