仙台でのリウマチ・こわばり・関節痛の治療は「宗像靖彦クリニック」にお任せ下さい

プライベート健康管理サービス

『 ザ・ブレス-メディック サービス 』の 開始について

swfu/d/the-brless-medic-white-logo-x4.jpg

【診療クオリティーの限界を突破する】

現在行なわれている保険診療にはルールがあって、当院もこのルールを厳守しています。しかしながら、来院される患者さんのニーズや背景は様々で、保険診療の下での診療提供が非常に困難な場合が多くなってきています。

例えば、本人の健康相談や健康食品に関する相談、家族の健康状態の相談など。これらは日常的におこなわれていますが、高血圧症治療のために来院した患者さんが、本人の「高血圧症」という診療適応病名「以外」に関する相談を保険診療の時間内で行うと「混合診療」とみなされ、ルール違反のペナルティーを負ってしまします。「血圧の薬をもらっているクリニックに行くのが面倒だから、先生のところでかわりに出してください」ということもよくあることですが、これもルール違反です。同一病名で複数の医療機関を受診している患者さんも保険診療の下では違反の対象となります。

超高齢化社会という環境下でも国民皆保険という制度は堅持してゆかなければなりません。しかし現状では診療クオリティーの低下が懸念される状況であることを否めません。

患者さんの健康管理に深くコミットして、ハイクオリティーな(最高品質)医療サービスを提供してゆくためには、保険診療に依存しないプライベート診療の選択肢が必要な時代になってきているのではないでしょうか?

当院では、来年よりプライベート診療(自由診療)サービスを提案してゆきます。

平成27年12月13日 
医療法人 総志会
宗像靖彦クリニック 院長
宗像 靖彦                            

これまでおこなってきました「時間外応急診療外来」は、2016年7月より完全予約制のプライベート健康管理サービスザ・ブレス-メディック 』に変更となります。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

宗像 靖彦 クリニック, 宮城, 仙台, アエル, クリニック, リウマチ科, 内科, 宗像 靖彦